ミキサー編 音響ワンポイントアドバイス 

  • 2013年07月18日
  • NEWS

ミキサー編 音響ワンポイントアドバイス


音響システムを使用するにあたり、さらに高音質にご利用いただくためのちょっとしたアドバイスを僭越ながらさせていただきます。アーティストの方にも役立つ情報を記載いたします。


【ミキサー編】
ミキサーと聞いて、皆さんは『つまみが多くて難しそう』と思うかもしれません。。。
しかしよく見てみると入力チャンネルごとに縦列で構成されているだけで、それが横列にチャンネル分並んでいる!それだけです。出力についてもチャンネルごとにあるのですが、初心者の人にもわかりやすいように簡単なアナログミキサーについて説明させていただきます。

簡単なミキサーに慣れれば、ワングレード、ミキサーのレベルを上げても短時間で使いこなせるようになると思います。
メーカーや機種によって多少違いはありますが、おおよそ、一番上がマイクなどを入力する入力端子(キャノンとフォンの2種類が主流)、その下がインサート端子(ここはコンプレッサやリミッター、外部イコライザー(グラフィックイコライザ―やパラメトリックイコライザー)などのダイナミック系エフェクトをチャンネルごとに接続する端子)、そしてつまみの一番上がゲイン、その下にローカットスイッチ(このローカットスイッチは、声などをマイクで集音する際、フカレという低音がバフバフするのを防ぐ 80hz以下の音を減衰させるスイッチ)となっています。
その次がイコライザ、イコライザには高音域、中音域、低音域と分かれています。中音域は、周波数が変えられるパラメトリックになっていることがほとんどです。上位機種では中音域が Hi-Mid と Low-Mid に分かれている場合があります。非常に使い勝手が良いです。高音域、低音域は周波数固定がほとんどです。このイコライザで入力ごとの音を作ります。
次に AUX というつまみが、1~6程度ついていると思います。これは各モニターやエフェクターに送り出すつまみです。AUX には、プリ(PRE)とポスト(POST)の2種類があります。この違いは後に説明するフェーダーの影響に関係します。プリはフェーダーの動きに影響しません(一般的なモニターMIXに最適です)。ポストはフェーダーの動きに影響されるため、エフェクトやデッキ再生(フェードアウトがモニターごと可能になる)や一部のモニターに最適です。この AUX つまみで AUX1 はVo, AUX2 はギター…など、個別の MIX を作り出します。
次にあるつまみが、PAN。これは、定位(右か左か)になります。すべてが同じ定位だと音はぐちゃぐちゃになります。これで音のステレオ感を作り出します。
そして、メインスピーカーに送り出すフェーダーが一番下にあります。
各つまみ、フェーダーで作った音がステレオアウトに送られ、ミキサーの大体一番右にあるステレオアウトのフェーダーで全体の音量を決めます。他にもグループセレクトスイッチ(ドラムやコーラス、管楽器など同じような楽器をひとまとめにする)や出音とは別にヘッドフォンで視聴する(CUE)キュースイッチなどもあります。出力にも グループアウト、ダイレクトアウト、2Trアウトがあったりしますが、基本的なミキサーの構造はこのような内容です。
ちなみに各AUX で作った音は 各AUX SEND に送られますので、各AUX SEND つまみでその AUX の音量を調整します。

AUX はミキサーの各AUX OUT 端子より、ステレオアウトは MAIN OUT L/R より出力しますので、その端子よりパワーアンプ → スピーカーとつなぎます。これは、操作は違っても基本的な操作はデジタルミキサーでも同じような構造です。
外部エフェクトも同じく、AUX OUT(POST) よりエフェクターの IN につなぎ、エフェクターの OUT よりミキサーのステレオ入力(もしくは任意のインプットチャンネル)に戻します。ステレオ入力に戻したエフェクトは各AUX つまみでモニターにも個別に返すことができます。この時、エフェクトの AUX つまみを上げるとフィードバックが起こり大変なことになりますので、あくまでもモニター出力にあてた AUX にのみ返します。

ほかにもあげるとたくさんありますが、上記の内容がわかれば簡単な操作は可能です。色々と試してみてください!


お電話・FAXでのお問い合わせは・・・・
アートコンチェルタンテ ライズワン
東京本社    TEL 03-6300-0423 FAX 03-6300-0424
千葉オフィスTEL 0478-79-8298 FAX 0478-52-2643
>>>メールでのお問い合せはこちら
本社/東京都渋谷区本町4-40-5-1F  千葉オフィス/千葉県香取市みずほ台3-230-4


PA、音響、照明レンタル、ステージ製作、楽器アンプ ライズワン

コメントは受け付けていません。